なぜ人によって反応に違いがあるのか

ストレスを感じやすい人・感じにくい人

同じような環境にいるのにストレスを感じやすい人と、感じにくい人がいます。ある人は大きなストレスを抱えている一方で、他の人は全くストレスに感じていないというケースすらあります。人によってストレスの感じ方に違いがある理由としては、思考の違いが大きいです。ストレスを感じやすい人は、自分の周りで起こった出来事を、悲観的に捉える傾向があります。ちょっとしたミスでも、「これで全てが台無しだ」と思うのか、「次は気をつけよう」「明日取り返せば良い」と発想するのかで、心のダメージは大きく異なります。 ストレスを比較的感じにくいタイプは、合理的に物事を捉える傾向が強いです。「この失敗を次に生かすことができれば、成功への近道だ」といった発想です。ポジティブな考え方の人は、ストレスを溜め込みにくい傾向があります。

男性と女性でも違いがある

男性と比べると、女性はストレスを感じる場面が多いと言われます。一般論として、女性の方がより細かいところに気がついてしまったり、周りへの気配りもできる人が多いです。このような性格や性質が、ストレスの感じ方に違いを生みます。一昔前に比べるとライフスタイルが変化してきたことも、ストレスに対する男女の受け止め方の違いにつながっています。出産はカップルにとって大きな出来事ですが、男性よりも女性の方が精神的に不安定になりがちです。出産してからの仕事への復帰など、迷う場面も多いです。特にたくさんの選択をしなければならない20代後半から50代の女性は、自分にとって重い決断をしなければならないことが少なくありません。

眠れない日が続いたり、心の不調を感じたときは精神科を名駅付近で受診するのも手です。精神科医の診療を受ければ状態が改善しやすくなります。